対話しながら使えるチャットツールで確認作業が楽になる

コールセンターで活躍

オフィス

対話中に便利に機能

コールセンターのコミュニケーションツールとしてチャットツールが人気になっています。コールセンターでは、受発信の電話業務を行います。顧客と対話している状態で管理者や専門部署に何かの確認をすべきことは多数あります。一般的なオフィス業務ではメールや内線電話などを利用しますが、コールセンターの対話中にはこのようなコミュニケーション手段を利用することはできません。そこで便利な機能がチャットツールになります。対話しながら、パソコン上で必要な人に確認事項をチャットすることができます。相手先や相手部署がすぐに対応できる状態であることに限られますが、お客様情報などを連動して送ることができるチャットツールもあります。

生産性を向上できる

コールセンターで使用するCRM管理ツールは年々進化しています。以前は、記録を残す事だけに特化しており、検索して情報を読み出す。そして追加して書き込むのみにとどまっていました。しかしCRMシステムの進化により、チェットツールの搭載など利便性は確実に向上しています。チャットを送信する際には、顧客情報も同時に転送できる仕組みになっているため、顧客情報を伝える時間をも削減させることが可能なのです。ビジネスチャットは管理側から展開することもできます。後処理中に待ち呼が発生した場合、チャットツールを用いて後処理メンバーのみに受電依頼を行う事も可能なのです。緊急周知などにも対応できます。口頭で伝えても対話中であれば、聞き逃す可能性があるため、チャットは利便性が高いのです。

企業力を強化するツール

PCを触る人

人事管理システムを導入している会社は多くなっており、使用していない会社はほとんどありません。しかし給与計算などは当然の時代、今後はタレントマネジメントなど人材管理における企業力の強化が求められています。

詳しく見る

外出先でも出退勤確認

スーツの女性

勤怠管理は勤務形態の多様化により、難しくなっています。そこで便利なのがクラウドを使用した勤怠管理です。外出先でも勤怠管理をすることができるメリットがあり情報の集約も簡単なのですが、不正防止の対策も必要になります。

詳しく見る

管理会計の重要性

男女

企業の扱う会計には、外部に公表する財務会計と機密情報として扱われる管理会計の2種類があります。財務会計のための会計システムは大半の企業で導入されていますが、管理会計の導入は企業によってまちまちです。会計システムへの追加機能やERPの導入、BIツールとの連携といった手法により管理会計が実現されます。

詳しく見る