外出先でも出退勤確認|対話しながら使えるチャットツールで確認作業が楽になる

対話しながら使えるチャットツールで確認作業が楽になる

外出先でも出退勤確認

スーツの女性

勤務形態の多様化にマッチ

勤務体系の多様化により社内の勤怠管理が難しくなっています。特に社員数が多い会社であれば、タイムシートや勤務管理表などを使用すると月初の作業工数が莫大にかかるのです。さらに間違いやミスによる労務問題に発展しやすいのも勤怠管理のデメリットになっています。そこでクラウドを利用した勤怠管理を導入する会社が増加しています。シフト制を敷いている会社では、シフト登録をクラウドを用いて行う事も可能になっているのです。そのため会社にいなくても勤怠管理を行う事ができるのです。さらに情報は人事にすべて集約される仕組みになっていますのでリアルタイムの一元管理が可能になるメリットもあるのです。そのため工数削減の一環で、多くの会社が利用しています。

不正防止の対策

クラウドを使用することでのデメリットも当然存在します。一つは、セキュリティ問題です。ログインやパスワード管理などをしっかり行わないと、不正に利用される可能性があるのです。また、クラウド上でしか勤怠管理ができないと個々人の出勤の状況を目で把握できない可能性があります。そのため付加情報などを利用することで出勤の証にするような仕組みが必要になります。一つはGPSの活用です。しかしプライバシーの問題などもあり、実用化するには法律などの問題もクリアしなければならなくなっています。クラウドを利用することで便利になる一方で、不正をどのようにして防止するのかも論点となります。そのためメリットとデメリットを把握し導入を検討することが大事です。